みなさん、こんばんは。
まず更新の間が二年近く空いてしまったことをお詫びしますm(_ _)m
また連絡をくれた方で返信が無いという方、半年ほど前に2007年の11月以降のメールを紛失してしまって見れていません。
もしいらっしゃいましたら非常に申し訳ないです。
あとSIN名義のmixiは彼女のアカウントを使用させて頂いていたため、別れた際に消えました(´・ω・`)
紹介分まで書いて頂いていたのに申し訳ありません。

え~…

今現在の管理人SINの近況を報告しますと、
管理人は某六大学の法学部で六法全書片手に勉学に励んでいるところです(´・ω・`)
(勉強はテスト前だけだという噂もありますが)

来年で最後となる旧司法試験への挑戦は一年間で早々と諦めたのですが、
この頃は資格の勉強だったり、TOEICの勉強だったりで、社会へ出るときのための準備をしているわけですね。いわば蛹です。

そこで思うのはお付き合いさせて頂いていた社会人ブリーダー仲間さん達の凄さなんですよね。
「一人前に働きながら家庭を持って家族を養い、趣味も楽しむ」
簡単なことと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、自分には凄いことに思えるんですよね。
休日の貴重な時間を割いてお付き合いして頂いた方には今一度昔の自分に代わりまして感謝したいと思いますm(_ _)m


管理人の話はどうでもいーとして、
カブクワの話題ですが、ケンタもエクアもギネスは出なかったですね。
ケンタウルスに関しては幼虫最大体重は2匹ともギネス確実で、相当塗り替えるだろうというところまで行ったにも関わらず、蛹室作成段階で溶けてしまいました↓
同血統兄弟がどうなっているか気になるところです。
ギラファは115mm前後が5~6匹、スマトラヒラタは全て90mm前後、マルスの♂も結構大型で羽化しました。
ただヘラクレスに関しては♀は続々と羽化するものの、♂が変態段階で落ちてしまったんですよね。
データと画像があるので飼育記は後ほど追って更新したいと思います。


飼育の話に関連してブリードルームについてなんですが、、、

昨年の夏に取り壊してしまったんですよね(´・ω・`)
オオカブトの「部屋」はもう無いわけです。。

老朽化がもう本当に限界でして。
私自身がもう実家には住んでいないのですが、
それでもしばらくは週1で帰って母屋で飼育を続けながら、
羽化したものは近所の子供に配るということをしていました。
スマトラヒラタとギラファだけで各10ペア以上配っているので、うちの母親は近所の子供たちの人気者になったそうですがw

そのなかの近所の子に将来有望な中学生(だったかな?)ブリーダー君がおりまして、
かなりのヘビーブリーダーとなってしまったようでw
譲ったものを繁殖させて累代継続してくれているようです。


とまぁ、お分かりの通り飼育撤退ムード全開だったわけですね。
この前まで。

現在住んでいる横浜のヨドバシカメラで、
先日アリの飼育キットを買って、3匹程捕まえてきたのですがこれが面白いんですね。
(透明なゲルに巣を作らせるやつです)


そしたら急に虫のことが気になりだして。

そっからは早かったですね。
翌日にむし社に行って、
自分が休眠していた時期の、BE-KUWA27号~31号まで購入。
その日にビッダーズで目当ての虫を落札、
実家に帰って、コクワガタの2♂1♀採集(43mmとまぁまぁのサイズです)

実家にあったコバシャの各サイズ10個ずつほどを回収。

とりあえず初心に戻ってってことで、
コクワガタの産卵セットを組んでます。

以前ほどの飼育規模でやることはないと思いますが、
大学生の魅力はそのフレキシブルさにあると思います。
(以前も相当フレキシブルでしたがw)
精力的に活動していきたいですね(`・ω・´)

久しぶりなので非常に記事が書きにくいですね。
どんな顔文字、どんな文章表現だったかすら忘れ、
過去の飼育記を見ていても他人の文章のようです。
また法律の論述のテストが続いていたこともあり、堅くなってしまって噛み砕いた文章が書きにくい。。。
法律の面から見るカブクワ世界についても書きたいと思ってますけども。

以上、これから徐々にまた飼育を再開いたしますという報告でした。
なにかありましたらコメント残していただけると喜びます。