▪️ギアスゾウカブト
Megasoma gyas porioni

IMG_8372


ブラジル北東部 バイア州(Bahia prov. NE.Brasil)
WF4(種親87mm×65mm)

♂87mm(29.7g)×♀60mm(19.3g)

ギネスサイズ:
野外110mm
飼育118mm
------------------------


▪️2015年2月5日 種親入手

IMG_8372
特徴の出た成虫ペアがお買い得だったので購入。

2003年発売のBE-KUWA9号 ゾウカブト特集で初めて存在を知った時は、
こんなカッコイイ種類がいるのか〜と思いつつ、
上から見る胸角がもっと太ければな〜なんて思ったことをまだ覚えています。

国内初入荷は2007年初めごろ?(だったかな?)
幼虫販売でもとても手が出ない値段でしたけど、
2年後の2009年秋頃には専門店でも3齢ペアで15000円位に落ち着いてたかと思います。

現在はというと、
ほぼ同時期入荷のアヌビスはネット価格で成虫ペア25000円前後とまだまだ良いお値段しますが、
ポリオンは成虫ペアで10000円前後でも買えてしまう位お買い得になってます。 

ちなみに今回入手したペアは7750円。 …本当に安くなったなぁ^ ^

-----

まぁ値段の話はこの位にして、虫の紹介。

IMG_8368
必殺。標本ビュー。12月羽化なので毛ふさふさです。
87mmと大きくない個体ですが、結構しっかり特徴出てます。

IMG_8357
横カット。ゾウカブトらしくごっつい体型。
わかる方は真上からのカットでわかったかと思いますが、左の上翅がちょっと浮いてます。

IMG_8364
もうちょっと中央の胸角が横に太ければ本当にカッコイイんですけどね〜。
残念ながら大型個体になるにつれて胸角の細さが際立つ本種ですが誰か極太血統とか作ってくれないかなぁ。

IMG_8354
この角度が素晴らしい^ ^
標本ビューだとこの魅力は伝わらないかと思います。

IMG_8376
真横アップ。結構縦方向には太いんですよね。

IMG_8372
両サイドの胸角を意識した一枚。
このマスキュラーな反り上がりがカッコイイと思うんですよね。

IMG_8380
IMG_8381
お手手と頭角先端。マニアならなんでこれをアップしたかわかるはず。

続いて♀。

IMG_8383
この角度からでもガンガン主張してくる厚みがgood!

IMG_8385
横から見るとすんごい安産型してます。

IMG_8382
上から見てもまんまる安産型。上翅の模様が美しいです。

IMG_8386
頭。胸部小楯板近くにうっすら見えるのは…

IMG_8388
本種の特徴であるケロイド状の縦線。

 IMG_8389
角一つ。種類問わずこの角の数で産み方が違うなんて言われてましたね。

---

だ〜いぶ長くなりましたが魅力は伝わったでしょうか?
もうちょっと成熟を待ってからブリード予定です。