▪️エレファスゾウカブト
Megasoma elephas elephas

IMG_0319


メキシコ カテマコ
CBF1

♂110mm【2013年8月2日羽化】×♀78mm【2013年7月28日羽化】

ギネスサイズ:
野外135mm
飼育130.9mm
------------------------

▪️2013年9月24日 種親入手

2013年9月23日を持って、オオカブトの部屋(HP)開設10周年ということで、
久しぶりにホームページを真面目にやるかなってことで購入。(結局更新してないけどねっ)

今「一番どの種類が好き?」って聞かれると困ってしまいますが、
ホームページをやり始めた当初一番好きだったのは間違い無くこのゾウカブト。

小さい頃から大好きな種類で、
持っていた子供向けの図鑑に「世界最重量のカブトムシ」という紹介とともに、
「100円玉何個分」みたいな挿絵があったっけか。

他にも
「街灯の電球を割るため現地では金属メッシュの保護カバーがついている」
「現地では大型の♂は首飾りにされている」
みたいなエピソードがあったりと、
外国産解禁のず〜っと前からヘラクレス、アトラス、コーカサス、グラントシロカブト、ゴライアスら辺と共に、
世間一般の知名度も当時から中々高かった種類だと思います。

ちょっと時は流れて
外国産飼育を開始した2002年当時は中学2年生。
お小遣いをやりくりして、アトラス成虫ペア(800円)やコーカサス幼虫(@300円)から入りましたが、
奮発して2003年に3齢幼虫ペアをHORN'Sさんより購入したのをまだ憶えてます。
(当時3齢初期ペアで3000円+送料だったかな?)

結局そのペアは羽化させることはできず、
2005年にもう一回3齢中期の大型幼虫ペアを購入して無事に羽化(^ ^)
初めて新成虫を見たとき、小動物っぽいよな〜とも思いましたが、
何より裏返したときのモモの太さね!驚愕!

--------------

そんな思い入れのあるゾウカブト。
IMG_0047
♂110mm。
虫というよりハムスターっていう感じですよね。
羽化後1ヶ月半なのでまだ綺麗な微毛が全身に生えてます。

IMG_0309
♀78mm。
角がない分こっちの方が哺乳類っぽいかな?

羽化後一ヶ月半なんで、
もうちょっと成熟を待ってからペアリングです。

▪️2013年10月6日 ペアリング

IMG_0319

 
スムーズにイン。 だいたい30分くらい。
♂より♀の方が厚みはすごいよなぁ。

▪️2013年10月7日 産卵セット

IMG_0335

22.5Lタッパーにカブト一番固詰め。
転倒防止に割り箸。
餌は引越しの挨拶用に買って余ったみかんゼリー(爆)
ちなみに翌日に変わってますが、1日寝かせたとかではなくペアリング中に日付を跨いだだけです。


▪️2013年11月24日 幼虫孵化
IMG_0361

2回くらい採卵して放置してたんですが約30頭位とれましたかね。

▪️2013年12月22日 別系1♂4♀入手

IMG_0474

アクティオン、マルスの成虫ペアを買ったら、
3種揃ってる写真が撮りたくなってしまい購入(^-^)A

IMG_0481
正面。
サッカーでもやってたのかなって位のO脚。(O手?)
一部毛が無くなってますが、この頭頂部(実際背中だけど)から禿げてくるんだよな〜。

IMG_0476
横から。
「ゾウ(elephas)」カブトってつけた人。偉いです。
ちなみにヨーロッパは勿論、南米にもゾウは生息していないんですが、
1775年の記載当時に既に「ゾウみたいだね〜」みたいな感覚があったのかなぁとか考えると面白くないですか?

1408年にはもう日本にも来てるよとか、象の歴史はどうでもいいんですが、
個人的に「しっくりくる名前大賞」をあげたい種類No.1。
そういえば一時期、「メキシコゾウカブト」っていうとオキシデンタリスではなく、
本種をさしてましたよね。

ちなみに3種類そろった画像ですが、

IMG_0493

ガチャガチャ動き出すので全然綺麗に撮れませんでした。
しまいには♂同士で交尾しようとし出すからな〜。とほほ。

この系統のブリードについては、
1♀は到着時の寒さですぐに落ちてしまいましたが、
3♀を22.5Lコンテナに黒土メインでセット後幼虫出しをして50位の幼虫が採れました。

ちなみに3♀は3♀セットで6000円くらいだったんで買っちゃったんですが、
各メスから50頭とか採れないでホントに良かった(ー ー;)

▪️2014年4月13日 100g突破

IMG_0644

初期ロットの幼虫が100g突破。
この個体は早い段階で4Lタッパーでの単独飼育に切り替えていた個体。
やっぱり早い段階で単独に切り替えたほうが伸びますね。
まだまだ羽化後5ヶ月程なのでこっからどれだけ乗せられるか。
ゾウカブトは100g〜110g位まではスーっと行くんですが、その後の成長が悪いんですよねぇ。

▪️2014年9月7日 黄色化〜

IMG_0878
後発の多頭飼育している個体も良い色になってきました。
だいたい♂で100g前後。


▪️2014年10月5日 120g突破〜

IMG_1126
真ん丸幼虫。
色もだいぶ色づいてゾウカブトの幼虫らしいカサカサした感じになってきましたね。

IMG_1132
初期ロットは結構成長良い感じ。
ヘラクレスもそうですが、
カブトって初期に採れた幼虫がでかくなる傾向ありますよねぇ。
(だから幼虫買いじゃなくて成虫買いで自分でブリードしたいのよね)

IMG_1123
with TANITA。
だいたい120g級の幼虫です。

▪️2015年1月3日 蛹化確認

IMG_2087
確認幼虫体重135gだった個体が蛹化。

蛹体長115mm、蛹体重97.3g。
前回飼育した時の♂が115mm、105gで115mmの成虫になったことを考えると、
今回の蛹はちょっと軽めなので110mm〜115mmの間くらいかな?

IMG_2076
記念写真。
まずは横から。蛹の間だけ出現する謎の第3の胸角。

IMG_2080
ちょっと右曲がりですね。

IMG_2081
ケツ。
ゾウカブトの蛹ってすんごい臭いしますよね。
前蛹、蛹で死ぬと臭いのなんのって。

IMG_2086
メキシコ製16オンス スパーリング用グローブ。
♂の角はニジイロクワガタ、キンイロクワガタ、ウガンデンシス等の種類と同様、羽化時に伸びます。

▪️2015年2月19日 羽化確認

IMG_8776

前回の蛹が羽化してました。
まだ頭角が伸びきってないので羽化後1〜2日位かな。
完全に伸びきったら計測したいと思います。

個別飼育している個体だけで後7♂17♀が控えているんですが、
まだ他に蛹室を作っている個体はいなさそうなので、
4月〜5月に蛹化羽化ラッシュですかね〜?

ん〜別系♀を入手してブリードしようかな〜。