▪️ギラファノコギリクワガタ飼育記
 Prosopocoilus giraffa keisukei

IMG_0532

フィリピン フローレス島 ルテン
WILD
♂102mm
♀46.5mm
♀mm

ギネスサイズ:
野外121mm
飼育121mm


▪️2013年9月24日 種親入手

IMG_0042

ドルクスグッズ中野店で購入。
♂102mmの大型ペアにおまけ♀がついて4000円。

ご存知、本種は最大120mmに達する世界最大のクワガタです。

世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオカブト原名亜種が国外持出し禁止となっており、
飼育品でもペア10000円〜程度と高額なのに対して、
ギラファノコギリはペア2000〜円と安く買えちゃう。しかもWILDが。

飼育も容易で産卵は材にもマットにも良く産み、寿命も羽化から1年程度と長く、
幼虫飼育はマット飼育でも菌糸飼育でも100mmUPは容易。
亜種、各産地でのコレクション性もあり。
そして何よりカッコイイ。

もうちょっと評価されても良いんじゃないかな〜なんて思う今日この頃。

IMG_0532

ちなみに豆知識ですがギラファノコギリはみんな左顎の方がちょこ〜っと長いんですね。
左利きなのかな?手元にいたら見てみてください。
IMG_9181
こ〜んな感じで噛み合わさるはずです。

目標サイズですが、以前115mmの♂を羽化させていますので115mm以上を目標に頑張りたいと思います(^ ^)

▪️2013年9月25日 産卵セット

IMG_0055

コバエシャッター大にカブト一番固詰めのクワガタとしては超シンプルな産卵セット。
野外品ですが追い掛けのために♂を1週間程度ローテーションさせて同居。

▪️2013年12月1日 割り出し

IMG_0364

ケース側面から結構見えてきていたので割り出し。
2♀で計40頭ほどの幼虫GET。

幼虫は近所のペットショップで購入したG−POTに投入。
一般の犬猫メインのペットショップということもあり、
回転率が悪いのかスカスカであまり状態の良いものではありませんでしたがどうでしょ…。

▪️2014年10月5日 ♂蛹室作成

だいぶ間が空いてますが、この間にボトル交換したりしてました。

・G−POT850cc(そのまんま蛹室作成)
・G−POT850cc→G−POT850cc
・G−POT850cc→G−POT1500cc
・G−POT850cc→G−POT900cc
・G−POT200cc→大夢2300cc
・RUSHでタコ飼い

だいたいこんなパターン。
ただ、菌糸の状態があまり良くなかったのもあってあんまりデカくなってないorz
温度は20度〜22度と比較的低温だったのでジックリ育ったのだと思いたいですが…。

IMG_1134

一匹かなりハッキリした蛹室を作っていたのでパシャリ。
そんな大きくない幼虫ですが大夢2300ccの幅目一杯使ってますね。


▪️2014年10月17日 ♂蛹化

IMG_1252
先日の前蛹が蛹化していました。
なかなか「ギラファっぽいサイズ」の蛹。

IMG_1257

ただ、超大型っていうサイズではないかな〜。
他の幼虫も続々と蛹室形成し蛹化していますが、
どの蛹も25g〜27g位なんで予想サイズは100mmUP位です。

▪️2014年12月12日 デカ♂蛹

IMG_1777
まぁまぁ大きなサイズの♂が蛹化。

IMG_1775

77mmで32g。
特大ではありませんが110mmUPしてくれるかな〜?

▪️2014年1月24日 最大個体羽化

IMG_8227

先日の蛹。ガチ詰めで110mm。
残念ながら羽化後3〜4日で死亡してしまいました。

本種は羽化後の衝撃に特段弱いので気をつけたいところ。
どの種も羽化後基本一ヶ月は触りませんが、ギラファは羽化後1ヶ月は絶対に触りたくないですね。
この個体は蛹時に露天掘りした後は放置していたのですが、
取り出し時コバエが大量に発生していたので、コバエが付着して翅がうまく仕舞えなかったかな?

まだ幼虫をやっている個体もいますが、
不本意ながらこの個体が今季最大っぽいですね^ ^

 ▪️2015年3月3日 羽化個体紹介 

昨年末から羽化してきている♂個体の紹介。
白バックといつもの背景で。やっぱみんな左顎の方が長いね。

①♂110mm【2015年1月下旬羽化】(蛹時77mm 32g)
 《G-POT200cc→大夢2300cc》

 羽化後死亡。

②♂106mm【2015年2月上旬羽化】
 《G-POT200cc→大夢2300cc》
IMG_9182
IMG_9184
なかなか体が太いかな?

③♂103mm【2014年12月上旬羽化】(蛹時70mm 26g)
 《G-POT200cc(20g)→大夢2300cc》
IMG_9176
IMG_9166
やや細めですが思ったよりサイズが伸びた個体。

④♂103mm【2015年2月上旬羽化】
 《G-POT850cc(17.6g)→G−POT900cc》
IMG_9188
IMG_9189
なんとなくスタイルよさげ?

⑤♂102mm【2014年12月上旬羽化】(蛹時72.5mm 26g)
 《G-POT→大夢2300cc》

 羽化後死亡。

⑥♂100mm【2014年12月下旬羽化】(蛹時73mm 25.4g)
 《G-POT→大夢2300cc》
IMG_9186
IMG_9187
顎短め。先端湾曲強め。蛹室狭かったのかな??


⑦♂99mm【2014年12月下旬羽化】(蛹時67mm 22.5g)
 《大夢200cc→大夢2300cc》
IMG_9190
IMG_9191
う〜んやっぱ100mm切ると迫力もワンランクダウン。これ最後大夢2300ccなんだけどな〜…。

⑧♂88mm【2014年9月羽化】
 《G-POT→G−POT900cc》
IMG_9201
IMG_9202
前胸背板歪み。顎捩れ。顎先欠け。

⑨♂66mm【2014年8月羽化】
 《G-POT850cc(早期羽化)》
IMG_9204
IMG_9205
ちっさ!

-------
全体的に小さめ。
ほんとに菌糸使ったの?ってサイズですが、
無事に親越えはできたのでマルとしましょう(^ ^)

IMG_8266
すごい闘争心。
IMG_8280
みんな左顎の方が長いね。
IMG_9192
こんないっぱいどうしよ…。

♀はというと最大52mmで49mm〜50mm位がアベレージでした。
ちなみに♀52mmは大夢2300ccに4匹タコ飼いしていたところから出ました。

IMG_9210
IMG_9213

20匹位いるので全部UPはしなくていいよね…^ - ^

 ▪️2015年2月20日 WF1産卵セット

日付前後しますが、後食後だいぶ経過しているので産卵セット。
大型個体♂は羽化ズレしているので使えず、チビ♂種親。
♀余りなので1♂2♀で2セット組んでみました。

・♂88mm♀46.5mm♀46mm(全て♀親はWILDチビ♀)
IMG_8822
コバシャ中でAPO産卵マット+産卵一番。産卵木1本。

・♂66mm♀46mm♀44.5mm(全て♀親はWILD♀46.5mm)
IMG_8824
UNIX WAREの9.5LにRTNのNマット。産卵木1本。

2セットともセット後1週間でケース底+側面に十数個の卵を確認。
種♂ちっこくとも♀のサイズはそこそこなんで、今度こそWF2では116mm目指してがんばりまーす。