▪️ニジイロクワガタ(ブルー)飼育記
 Phalacrognathus muelleri muelleri

image


オーストラリア クイーンズランド
CBF4
♂57mm【2014年9月羽化】

ギネスサイズ:
野外70mm
飼育69mm


▪️2015年4月1日 種親入手

image

緑色系の累代で出現した個体。

image
白背景でパシャり。
ここまで来たらブルーって言っていいよね???(^ ^)

昔、上翅会合部が青いグリーン個体を持ってましたが、 
ここまで青い個体が出るのは初めてです。
もちろん撮影後の画像加工などは一切しておりません。

活き虫です。
ガソリン〆もしておりません。
(つーかガソリンで〆ても青くなりません)

鼻の脂も塗っておりません。(懐かしい)

image

image

image

↑これは昔持ってた緑血統からの「ちょこっとだけブルー個体」
だいたいブルーって上翅会合部に出ますよね。んで大体小型。 
(青い背景で撮影したやつはちょっと反射で強調されちゃってますけど) 
 
残念ながらブルー♀がいないんですが、
貴重な個体なんで手持ちのグリーン♀でブリードしてみようと思います(^ ^)


image
過去にブルーメタリの固定には成功してるのでニジイロでもできるはずっ!
(しかもサンギレンシスでブルー!)


















------------

エイプリルフールネタなんですけど、
問い合わせ来ても困っちゃうのでネタばらし。
マジで画像加工はしてないんですが、以下の方法でブルー個体ができちゃいます。

▪️青味を投影させる方法。

①ニジイログリーン個体
②折り紙
③箱
を用意します。

image

折り紙は100均に↑ピカピカの売ってるんでこれを使います。
私が幼稚園児だった頃の折り紙セットって、
ピカピカなのは金一枚、銀一枚とかで取り合いだったと思うんだけど、
今の子はこんなオールキンピカが使えちゃうのねd( ̄  ̄)

こんなかから青っぽいの取り出して、
60サイズくらいの箱の内側にペタペタ貼るだけ。

あとはテキトーにバウンスで光を反射させながら撮影するだけで、

IMG_9232
この個体が、

image

になっちゃう。
(つーか羽凸が特徴的すぎてすぐ気付いちゃったかな???)

今回のブルーはこの方法です。

--------

▪️青味を投影させる方法②

image

電球を青マジックで青く塗って照らして撮影。
足場の背景なんかも青く照らしちゃうので明らかに不自然。
うまく中和させるような色相の背景版でやればもうちょっと自然になるかな?
興味ある方は色相環・色立体と相談しながらやってみましょー

-----

▪️画像加工(Photoshop)

一番楽です。
image
使用するのはPhotoshop大先生。(エレメントのアカデミック版で充分です。)

画像加工の知識なんかなくても、
20〜30分テキトーに遊んでればなんとなくやり方わかると思います。

image
この個体が、
image
こうなっちゃう。

古いソフトで素人が加工してもこうなるんで、
画像加工のプロにやられたらもっと精巧にできるかと思います。

別にPhotoshopじゃなくても、
巷に溢れているiphoneアプリとかでもできるかと思います。

-----
▪️紫外線

グリーン個体に紫外線当て続けるだけ。
当てる期間は伏せておきますが、短期間の直射日光程度じゃあまり効果ないです。
活き虫の状態で青くするのはかなり難しいんじゃないかな?

照射するタイミングも重要なんですけど、ここも伏せときます。
(経験長いブリーダーさんならここまで書くとタイミングはわかっちゃうと思いますが…)

------
▪️???

もういっこ活き虫の状態でガチで青くする方法があります。(上翅だけ帯状に青くなる)
この方法はヘラクレスでもできるんですが、
(つか上翅だけなんでヘラクレスの方が相性良いと思います)
今手元に試せる個体がないので来年のエイプリルフールで。

-------

実際にブルー個体(ブルーが混じった個体って行った方が良いかな?)がいるのは事実ですが、
詐欺行為を働く輩がいるのもまた事実です。
特にオークションなどでの怪しい出品物には気を付けましょう。

以上!良いこのみんなは悪用しないでねっ。
(全部見る人が見ればわかりますのでご注意いただきたく。)