▪️リノケロスフタマタクワガタ
 Hexarthrius rhinoceros chaudoiri

IMG_0317

インドネシア スマトラ島 ベンクール
WILD

♂94mm(8.6g)【2015年4月10日通関】
♀47mm(3.7g)【2015年4月10日通関】

ギネスサイズ:
野外109mm
飼育103mm


▪️2015年4月19日 種親入手

IMG_0317
フタマタクワガタの中ではマンディブラリスフタマタクワガタに次ぐ巨大種の本種。
カッコイイな〜と思いつつブリードしたことがなかったので、
アリストさんのインドネシア便で思い切ってポチりました。

image

ハンマーのような巨大な頭楯が魅力的ですね。
リノケロスはジャワ島にも生息していますが、
ジャワ島の個体は最大でも90mm程とあまり大きくはならないようです。 


image


大顎の湾曲もgood(^ ^)
吉田賢治氏の著書では、
こういったノーマル個体をバロン、
大顎が直線的になるガルーダタイプと分けて呼んでいますが、
ガルーダタイプも一度見てみたいものです。 

IMG_0328
横から。
パッと見だとノコギリクワガタですね。

IMG_0347
♀47mm。
体重はそこそこあるんですがちょっと弱ってる感じがあるんだよな〜。

IMG_0342
白バック。
頭楯がきちんと半円形してるんでセアカの♀ではなさそうです。
この角度だとイカリ肩もよくわかりますね(^ ^)



▪️2015年4月23日 産卵セット

ケースはコバエシャッター中サイズ、
産卵木は生カワラ材を1本、良く朽ちたコナラ材を2本の計3本を
埋め込みマットに半埋め。

って具合の材産みセットです。

IMG_0733

無精卵怖くて♂♀同居してみたんですけど、
画像見た感じこのサイズの♂は明らかに邪魔くさそうだよな〜~_~;

まぁ既に♂の写真を撮って満足してしまった感があるので、
採れたらラッキー程度で頑張ってもらいましょー。