▪️パリーオオクワガタ
 Dorcus ritsemae volscens

image

インドネシア スマトラ島 クリンチ
WILD

♂69mm(4.8g)【2015年4月10日通関】
♀31mm(1.8g)【2015年4月10日通関】

ギネスサイズ:
野外79mm
飼育76.8mm


▪️2015年4月19日 種親入手

image

ご存知インドネシアの激安オオクワガタ。

クルビのようなソリッドで綺麗な体表面。
個体変異のある歯型。
シンプルなデザイン。
各産地毎のコレクション性。

結構楽しめる要素あると思うんですけどね〜。

スマトラ→でかい
ミンダナオ→すらっとしている
ジャワ→ごつい

この辺の産地が有名だと思いますが、
一番人気が高いのはミンダナオ産ですかね〜。
お値段も高いですが。 

ちなみにこの個体はアリストさんの出品で即決価格750円。 
相変わらず安いです。

image
ディンプル知らずのスベスベな体。

image
クルビと一緒で若干赤い個体も時々いますよね。
この個体も上翅にうっすらとだけ赤みがあります。

image
中歯。
顎が細いのもあってコクワっぽい印象ですかね。
特に小型〜中型個体の歯型は変異に富んでいて、
張り出しの弱いクルビssp.といったような顎の個体も中にはいます。

image
裏。こうするともっとコクワっぽいですね。

image
木の皮の裏にいそうな体型。

image
♀。
野外品らしくスレが目立ちます。

image
明瞭なスジ。♀もクルビそっくりですね。

image
横。尻先から急に駆け上がってます。

スマトラ産もミンダナオ産も以前に飼育したことあるんですが、
何頭かブリードして歯型の変異を楽しんでみたいと思いまーす(^ ^)



▪️2015年4月23日 産卵セット

image

コバエシャッター中サイズに、
細めのコナラ材2本、生カワラ材1本。
発酵の浅いホダ系の埋め込みマットに半埋め。
んで♂♀同居。 

放置してれば産むでしょう(^ ^)