▪️2015年3月4日ペアリング

餌を食わせながら成熟を待っていた本種。

途中餌切れに気づかず、
♀がカラッカラの瀕死状態(体重19.3g→15g)になってしまい、
強制給餌でなんとか復活という危ない場面もあったものの、
今日までにゼリーを16g換算で20〜30個位ガッツリ食べさせたので、
満を持してペアリングを行いました。

image

40分間のペアリングで♀の体重も17.7g→18.7gに。
1.0gとまずまずの増量なんで無事に掛かったように思います。

▪️2015年3月8日産卵セット 
image

交尾後ちょっと時間が空いてしまいましたが、(単にマットが無かった)
ペットショップでマットを購入してきて産卵セット。
22.5Lコンテナーにフォーテックのカブト一番10Lを二袋固詰め。♂♀同居。
マットのロットが粗かったので黒土混ぜたかったんですが、
なんとなく億劫でそのまんまに。
(黒土のセット作ると爪とかスンゴイことになるんだよね)

▪️2015年3月9日 二度目の瀕死

なんとなく昨日組んだセットが気になり確認してみると、
マット上で♂♀瀕死状態。♂はひっくり返ってぴくりともしません…。

比較的低温(20〜22度程度)の場所に置いていたんですが、
原因はマットのガスと、
3箇所ある蓋のフィルターの内一つがモノで塞がっていたからだと思います。


風通しの良い所に置いておいたら♂♀共に復活。(♀は二度目の復活です…)
フィルターを4箇所開けてある通気の良い蓋に交換し、再セットしました。

▪️2015年3月30日 採卵

2週間前と本日の二回採卵をしたんですが、結果はゼロ。
マットに熱はないものの、匂いがキツイのか気に入らないようで、
いつ見ても♂♀共にマット上を徘徊。

本当はすぐにマット交換すべきだったんでしょうが、
今日重い腰を上げて、黒土を10L以上足して混ぜ混ぜ。

マットの匂いも収まったし、粘り気も出て良い感じのセットになりました。
ただ元々20L入っているところに、黒土10Lプラスで死ぬほど重いセットに。

▪️2015年4月17日 採卵

産卵セット変更から二週間程経過したので割ってみました。

image

プラ舟にひっくり返した瞬間から、
マットの状態も良かったのと、
幾つか卵も飛び出しましたのでこれは良い感じに産んでるなと確信。

卵室も綺麗に作られており、

image

結果は健康そうな卵が25個。
とりあえず一安心です。

尚、取り出した♀の体重は15.0g。
かなり軽く感じますがもうちょい頑張れるかな?

▪️2015年4月27日 採卵

image

ありゃりゃ。2個だけでした。
もうちょっと期待したんですけどね〜。 

ただ前回採卵の卵が結構膨らんできているので飼育分的には充分!

いまだに産卵セット内で同居させているんですが♂も♀もまだまだ元気。
image
image

♂は符節取れ一箇所、♀はハゲてきたくらいかな??

再セット時に潜りやすいように上までは詰めず、
ケース底まで続くトンネルをいくつか開けておきました。
もうちょっと頑張ってくださーい!