▪️ダイトウヒラタクワガタ
Dorcus titanus daitoensis

IMG_3379

日本国 沖縄県 南大東島(島尻郡南大東村)
CBF1

♂36mm(1.2g)
♀42mm(4.3g)

ギネスサイズ:
野外53.5mm
飼育65mm
------------------------

▪️2015年10月末 成虫ペア入手

埼玉県のビートルジャンボさんにて購入。ペア2500円でした。

IMG_3379
ご覧の通り真っ赤とまではいきませんが、
ヒラタクワガタとしては珍しい小豆色をしたヒラタクワガタです。

IMG_3370
♂36mm。
大型個体になるほど赤みが出にくいので、
色だけ見ればこの位の小型サイズがいいかもしれませんね〜。

IMG_3373
国産離島種。あまりメジャー種ではありませんが中々インパクトのある種類だと思います。

IMG_3380
「赤」ってなんで男心をくすぐるんでしょうね。
カブトムシでもノコギリクワガタでもザリガニでも赤いのって人気だったよなぁ〜。

真っ赤といえばむか〜し、ザリガニを茹でて食べたことありますがザリガニも茹でると真っ赤になるんですよね。
ちなみに味はマヨネーズの味しかしませんでした。




IMG_3381
♀。♀も小豆色。

IMG_3382
色も相まってまめっぽいですね^ ^


BE-KUWA飼育ギネスは2005年登録の65mm…デカっ。

目標は50mmかなぁ。あと真っ赤っかの45mm。
サイズごとに並べて赤がでる限界サイズをみてみるのも面白いかもです。 

▪️2015年11月6日 産卵セット 

コバエシャッター小サイズにフォーテックさんの産卵一番固詰め。
産卵木1本。のスタンダードセット。

▪️2016年2月27日 割り出し

ケース底に幼虫が確認できたので割り出し。
IMG_4535
セットから4ヶ月近く経ちますが、
セット後しばらくして産み始めた様です。

IMG_4536
幼虫15頭と卵2つ。
爆産ではないですが親♂も親♀も元気いっぱいなので、2セット目、3セット目に期待です。

採れた幼虫は発酵マット(OZ極王)と菌糸カップ200cc(ランバージャックブナオリジナル)で管理。
♂は200cc→800ccの2本孵し、♀は200ccカップのまんまでいこうかと計画中です。