▪️ヘラクレストゥクストラエンシス
Dynastes hercules tuxtlaensis

IMG_4705


メキシコ ベラクルス州 ロストゥクストラ サンタマルタ

WF1

ギネスサイズ:
野外??mm
飼育??mm

▪️2015年春 幼虫入手

千葉県のブリーダーさんより3齢幼虫2ペアを入手。
(尚、入手元の特定を避けるために時期詳細は伏せさせていただきます) 

ご存知曰く付きのヘラクレス。
モロンや他亜種の小型個体の誤記載の疑いなど、
存在を否定されてた本種ですがどうやら幻の亜種ではなかったようです。


昨年採集地のロストゥクストラで現地キャッチャーによって1♀が採集され、
国境の町ファレスまで直でメキシコ人キャッチャーによって運搬、
アメリカ人シッパーによってサンタフェブリッジ〜エルパソをハンドキャリーでアメリカ側へ、
更にアリゾナを経由しグラントシロカブトと共に日本へ航空便で届けられるという、
壮大な長旅を経て密かに国内に入ってきました(国内初入荷)。

輸送によるストレスにもかかわらず十数頭のF1個体が採れたと聞き、
無理を言ってお譲り頂きました。

幼虫の状態も良く、幼虫は1頭ずつ4200ccケースへ投入。
あまり刺激を与えないようにブリードルームの隅の棚の奥へ。
言わずもがな、歴代高額種No.1でございます( ̄  ̄A) 

▪️2016年1月 ♂羽化 

IMG_4280
 
羽化を確認。
流行る気持ちを抑えて体が固まるのを待つことに。
幸運なことに♀も同時期に蛹化〜羽化したようです。 

▪️2016年4月1日 撮影

IMG_4705
後食を開始したこともあり撮影。
パッと見だとリッキーやオキシデンタリスの小型個体のようですが、
長く起立した背中の毛や虫食い状のツヤのある上翅、
小型個体でもアーチ状に湾曲した胸角などどこか違った印象を受けます。
 
IMG_4700
頭角突起はわずかに根元に一本が痕跡として残っていますね。

IMG_4702
現在日本人研究者による再記載を依頼中であり、
真上からの撮影は極秘の小楯板が写り込んでしまうため公開NGとのことでした。
尚、ブリードに使用後パラタイプ指定のためにこの♂は一時的に返却する予定です。 
(パラタイプを個人で所有することには賛否ありますが…)
IMG_4708
♀。♀の特徴についてはリッキーに似ているように思います。

---



めんどくさくなってきたので終了d( ̄  ̄)
アレです。去年もやりましたけど、今年もエイプリルフールがやってきちゃいました。

毎年なにかしらやりたいな〜とは思っていたんですけど、結局何も考えずに4/1を迎え、
また先ほど「嘘がつけるのは午前中だけ」と聞き、急遽ネタを練る時間も無く…。
(前半ちょこっとだけやる気あったんですけどね。)


image

「国内最後のエンガノです」っていう自虐ネタと迷ったけどもこちらは伝わりにくいのでボツ

来年はもうちょっと完成度の高いネタができればいいな〜と。

ーーー

ジンさんへ。
レベンタドール産リッキーをお譲りいただいたにも関わらず、
この様な極小個体を羽化させてしまい大変申し訳ございませんでしたm(_ _)m
1代先で大型目指しますんでゆるしてくださーい(笑


ーーー

悲しい事故が起きない様、
最後に念のため、もう一度。


ネタだからね!
人の画像使ってアフィってんじゃねーゾ