▪️2015年9月15日 割り出し

7月の街灯下採集で運良く拾えた自己採集の地元新潟産オオクワガタ。
セットから2ヶ月経過しましたので割り出しを行ってみました。

IMG_2574
セットの様子。結構削っているようなので期待できるかも。
ちなみに♀はお星様になっていました。

IMG_2576
幼虫発見↑
ちゃんと持ち腹だったみたいですね。
もう採集できるかどうかわからないので、嬉しいというかホント安堵( ;´Д`)
♂の姿拝みたいですもん。

IMG_2578
卵二つと初齢幼虫。かなり密接してます。

IMG_2580
そんなこんなで10幼虫と2卵。
累代を続けていくにはなんとか大丈夫そうです。

採れた幼虫は5匹を手詰したジャングルキングさんの800cc菌糸ボトルへ、
その他の幼虫は発酵マットへ投入し、少し待ってから菌糸投入することにしました。


▪️2015年12月7日 ボトル交換

菌糸ボトルの食痕が多くなっていた幼虫を何匹かボトル交換しました。

IMG_3864
 
画像の最大の幼虫で20.1g。
次点の幼虫は14g。
菌糸自体は悪いものではないので(ちょっと水分多すぎたかも)、
WF1で餌慣れしていないのか、あまり大きくなってないですね↓
20.1gの幼虫だけ1400cc、あとの幼虫は2本目も800ccでいくことに。
2本目の菌糸はランバージャックさんのオリジナルブナ菌糸(トレハ50g・Fe3+添加)に投入。

WF1どころかF0でも75mm出している方もいるようですが、
70mmUPすら怪しい…。
70mmUP見たいなぁd( ̄  ̄)

▪️2016年4月9日 蛹化

♀の幼虫が蛹化しているのが見えたので♂のボトルを確認したところ、
何匹か蛹になっていました。



蛹の形がおかしい…。
いや、おかしくはなくてやけに小さい。
なんじゃこりゃーと思って掘り掘り&データ取り。

IMG_4887
ん?

IMG_4885
んん?

IMG_4884
 
全部ちっちゃーーーー!!

IMG_4888

蛹体重、左から4.5g、6.8g、8.6g(爆)
そりゃ形おかしーですね。
久しぶりに小歯型の国オオの蛹見ました(笑)
 
ラベルを見ると割り出し後に多頭飼育(銘柄「ジ」って書いてあるけどたぶんマットかな?)をしていて、
12/7に800ccの菌糸ボトル(ランバージャックさんのブナ)に入れたやつみたいです。

菌糸1本孵しとはいえこの大きさにはビックリ。
大自然からやってきて菌糸に適合できなかった方達なんだと思います。

神様がグラデーション標本を作れと言っているようだ…(´Д` )

…大歯見れんのかな??。

▪️2016年4月13日 大歯蛹蛹化
 
IMG_5033

大歯っぽいのいたので掘っちゃいました↓

蛹体重13.7g。
昔々ホペイで採ったデータがあるんですけど、たぶん良くて68mmかな?
ジャングルキングさんの菌床(1本目で14.1g)からのOZさんの極王菌糸の2本孵し。

う〜ん一本目20.1gの個体に70mmUPを期待するしかなさそうです。 
70mmUPを待ち望むこの感じ、20年前のブリーダーさんってこんな感じだったんですかね…。 

ただ朗報で ♂♀比率を見てみたところ、8♂4♀っぽいのでブリードは困らなそうです。
ちっちゃいから羽化ズレもないですしね(ー ー;)