▪️2015年12月10日 割り出し3回目(中15日)


IMG_3904
10月のKUWATA横浜でムーンインセクトさんで購入したサビイロペア。
前回の初採卵に続き、20卵採卵。
今回もまずまず。

▪️2016年1月4日 割り出し4回目(中25日)

IMG_4038
26卵。

▪️2016年1月24日 割り出し5回目(中20日)

25卵4幼虫。

▪️2016年2月23日 割り出し6回目(中30日)

IMG_4491

63卵1幼虫。爆産。ちかれた…。

▪️2016年3月1日 割り出し7回目(中7日)

5卵1幼虫。

▪️2016年3月10日 割り出し8回目(中9日)

1卵5幼虫。前回取りこぼしですね。

▪️2016年4月8日 割り出し9回目(中30日)

IMG_4864
8卵。ここまで♂♀共にフセツ欠けすら無し…。 

▪️2016年4月19日 割り出し10回目(中10日)
 
3卵。 

これまでの10回の割り出しで産卵数合計184。何気に自己新です。

やっと♂♀フセツ欠けが出てきたものの成虫♂♀ともに健在。
9月羽化なので現時点で羽化後7ヶ月。
結構長生きするもんなんですねぇ。

一個だけ今回も真っ白な卵が出てきたのでまだ産み続けているようです( ;´Д`)
産みも渋ってきたので産卵セットの容量を22.5L→4.2Lタッパーに変更。
マットの状態も安定していますし、親虫も元気ですのでもしかすると200の大台に乗るかもしれません。

いやぁ〜良い個体に当たりましたね(笑)

---

脱線覚悟で書き始めると、
産卵セットについては、
「種親が持ってるポテンシャルを引き出せるかどうか」、
もっと言うと、
「ポテンシャルを潰さないかどうか」くらいのニュアンスにしか思ってないので、
産卵数は種親の引き次第だと思っています。

「サイズは実力、産卵数は運」
と言われるベテランブリーダーさんも多いですよね。
私も基本的にそー思ってます。
(ちなみに私のモットーは「サイズは実力、産卵数は日頃の行い」でございます( ̄  ̄)笑)

確かにカブトもクワガタもよっぽどの難関種を除いて、
飼育2〜3年目の飼育者の方と飼育10年目の飼育者の方が産卵セットして勝負したところで、
4〜5セットじゃどっちに転ぶかなんかわからないよなぁ〜と。
(「飼育年数長い=上手い」っていう考え方もナンセンスですけど説明楽なので。)

特に簡単なカブトムシのセットだと、
うまく嵌まった後は「如何に頻繁に採卵するか」が肝なので情熱指数とも言えるかなぁ。

ただ、業者さんレベルのセット数を組むとプロには勝てないなぁというのも経験則で知っているのと、
産ませるための羽化時期調整だったり、休眠期間の取り方、
WILDでも種♂種♀選びの段階からスタートにすればもっと顕著に差がでることは、
想像に難くないですよね。

普通種でもメンガタやフタマタ、ネブト、サビクワガタなんかだと、
独自のセットの仕方を持っている方もいますので、まず勝負になりませんしね。

たぶん前述したベテランブリーダーさんの言葉は
「ある程度やることやったらあとは運」って言いたいのかもしれませんね。

---

IMG_5035
幼虫飼育はというと、
初期に採れた頃の幼虫は全て販売してしまったので、
やっと3齢になる個体が出てきました。

孵化率も悪くはないのですが、ヘラクレス系に比べると幼虫は弱い印象です。
寒さに弱いのと、
確信は持ってませんが固詰めしたマットもあまり合わない気がします。

以前飼育した時は3齢後期〜変態時期でも落ちる奴がいたので、
何匹手元に残して成虫まで持って行こうか悩みどころですが、 5匹じゃペア取り危なっかしいかなぁ…。