蛹体重142gのアクティオンゾウカブトの蛹。
ついに羽化が始まりました。

▪️2016年11月12日 ♂羽化

IMG_7428

日付が変わった直後。
ふとケースの外から真っ白な羽が見えたので、
そ〜っとケースを開けてテンションマックスで確認(⌒-⌒; )


IMG_7447
途中経過は良好な模様。
(どうでもいいんですが毎回桃の缶詰思い浮かべてしまいます…。 )

IMG_7443
気になる胸角の伸びもgood。
ひっさしぶりにマクロリングライト出しました(^_^A) 
ゾウカブトは羽化後に頭角が伸びるのでまだ頭角はとても柔らかく、
頭角側縁部は焼けた鉄のように真っ赤です。

IMG_7444
う〜ん、でかいかも!
羽を乾かしている瞬間って、下翅の影響で上翅が平たく真ん丸なんですよね。
もともとの横幅も相まってすごい迫力です。 

IMG_7448
半日後には綺麗なオレンジに。
(あ〜そういえばこのタイプの桃缶もあるよね) 

IMG_7449

ド完品の予感(⌒-⌒; )
2年半とアクティオンにしては長くない幼虫期間ではあるものの、
最後の最後で羽化不全だったらと思うとゾッとします。

いや〜えがったえがった。

▪️2016年11月14日 羽化後二日目

IMG_7487
羽化後2日。
も〜嬉しくて嬉しくてそ〜っとケースを開けて覗いてしまいます(⌒-⌒; )
カブトムシ1匹羽化するだけでこんなテンションあがるなんて幸せもんだなぁと。


▪️2016年11月15日 羽化後三日目

IMG_7523

毎度のことながらビックリしますが、
ヘラクレス含めオオカブトってひっくり返るんですよね。
(ほんっと心臓に悪いっす(´Д` ))

羽化直後を触るつもりは毛頭ないので、
目測ですが120mmにはギリギリ届いてるか届いていないかといったところ。
こっから頭角伸びてくるはずなんでいけるかなぁ。

今年我が家のブリードルームでは
エレファスが蛹体重107gで121mm、
マルスが蛹体重115gで122mmで羽化しているんでですが、
アクティオンは蛹で142gあるにも関わらず120いくかどうかわからない。

やっぱりアクティオンって他の大型メガソマと比べても異次元のデカさですよね。

特大個体の幼虫体重MAXが230g弱いくことを考えると、
蛹でも180gは乗ると思います。
ちなみにそれで130mmだったそうですので野外最大の140mmだと瞬間最大で何g乗ってたんでしょ…
まぁ野外品だとプロポーションの関係もあってそうでもないのかもしれませんが、
どれだけ横に取られてしまうかの世界なんでしょうね〜。
120mmUPからの1mmって幼虫体重換算5gじゃ済まないかもしれないですね(⌒-⌒; )

数字で妄想しているのも楽しいんですが、
「体重の割に伸びた」っていうのもよくある話。
とうとう羽化ラッシュを迎え始めたのか、
今回羽化した♂より大きかった幼虫が蛹室を作り始めているので、そっちにも期待です^ - ^