▪️グアンクシィ シカノコギリクワガタ
Kirchnerius guangxii

IMG_6633



中国 広西壮族自治区 大明山
CB

ギネスサイズ:
野外56mm
飼育58.4mm

▪️2014年11月30日 幼虫入手

ビートルショップホーンズさんで幼虫購入。
2009年頃に某店に「四川SP」として入荷された頃は十数万円していたと記憶しておりますが、
なんと幼虫1頭300円。えら〜くお求めやすい虫になりました(⌒-⌒; )

IMG_1681
90ccプリンカップに1頭ずつ投入された状態で届きましたので、
(イイ仕事されてます)

IMG_1683
大夢500ccに投入。

▪️2015年6月13日 掘り出し

結局500cc1本で引っ張り、
どうやら変態しているようなので掘り出し。

IMG_1648
小型の♂。
普通のクワガタだと大歯っぽい顎なんですけど中歯。
手元に画像がありませんが更に小型の小歯だとまた一段歯型が変わるんですよね。

IMG_1635
蛹化したばかりの小型の♂。

IMG_1624
ギリギリ大歯型の蛹。
羽先が棘状になっているのがわかります。

IMG_1633
ごっついザラザラちんちん。
オアシス製の人工蛹室にいれようものならゴリゴリ削ります。

IMG_1636
♀の蛹。

IMG_1647
♀の成虫も出てきました。

ん〜500cc1本孵しだったのもあって全部微妙なサイズ(^^A)
ちなみに菌糸が合わなかったのか半分位落ちてました…。
(後で知ったんですが昔と樹種が変わってクヌギ100%になってたみたいですね)

▪️2015年7月7日 撮影

IMG_1986
体も固まったので撮影。
小型のオス。

入荷当初は、
シカなのか、
フタマタなのか、
ノコなのか、
コクワ(ドルクス)なのかと話題でしたね。

IMG_1992
大歯型の♂。
アマミシカっぽくもあるし、
外国産でいうとスペンスノコっぽい雰囲気もあるよなぁというのは個人的な感想です。

IMG_1991
♀。
ドルクスなんじゃないかと言われてたのがこの♀の容姿の所為。
ぱっと見だと国産コクワですもんね。

IMG_2685
今回孵した中では46〜47mmあたりが大歯型になるボーダーでしたね。

IMG_2006
オニクワガタより鬼っぽい貌。

IMG_2686
こんもりした背中も特徴です。

本種は成熟がめちゃくちゃ早いのに長生きするという不思議なクワガタなので、
秋にはブリードできるかなぁ。

▪️2015年ブリード結果

時間が飛びますが、
結論から言うと手元に残した4ペアを秋以降にセットして全ボウズ♪(´ε` )

いぇーい!
後食してたんですが、なんかまた寝てますね。
この辺もノコギリっぽいなぁと。


▪️2016年1月29日 再セット

IMG_4239

前回は寝てしまった(体内時計によるシーズンオフ)のが敗因と思われるので、
「そろそろ春が来るよ〜」と
生き残ってた♂2♀2を22.5Lコンテナに再セット。
割り出しボウズ後の材をたくさん入れて→マットいれてのサンドイッチセットです。

▪️2016年5月16日 割り出し

IMG_5550
再セットから4ヶ月。
やっと無事に産んでくれました(⌒-⌒; )

IMG_5552

幼虫も孵化後間もない感じなので、体内時計の様に思います。
ほぼ材からで10頭のみ。(+3ヶ月後に割り残しから3頭採取。)

一般によく言われるグランなんかの野外品ドルクスの体内時計よりも、
高標高系だったり飼育品小型種の体内時計の方がよっぽどやっかいだなぁと思うのは最近の所感。
(実際アンテやグランのWILDでも冬セットで充分産みます)

恒温のブリードルームでどうやって季節を感じとってるのか謎ですけど、
飼育って奥が深い(ー ー;)

採れた幼虫は1400cc〜2300ccボトルでライトマット1本孵し狙いに。

▪️2016年8月22日 別系ペア入手&セット

HRNドルクスさんで、広西壮族自治区産CBF2、
Sサイズ即ブリペアがなんと店頭セール価格800円でしたので購入( ̄ー ̄ )


IMG_6498
♂37mm(0.7g)4月羽化→6/5掘り出し、

IMG_6499
♀27mm 3月下旬羽化→6月5日掘り出しのペア。

IMG_6500
3日間同居させた後、中プラケに材を二本、埋め込みマットはバクサン君でセット。

▪️2016年11月13日 割り出し

ここ1〜2週間ケース側面に幼虫がワラワラ見えていたんですが、

IMG_7470
本日メスが幼虫を捕食しているのを確認したため、重い腰を上げて割出しを実施。

IMG_7471
チューチューされてた幼虫。
この幼虫は大分時間が経ったからなのか真っ黒になってしまっていますが、
間違って潰したりして落ちた幼虫と違って、
親♀に捕食された(されている)幼虫ってある程度色艶そのままで日持ちするんですよね。
親メスが抗菌的な何かを出してるんですかね?他にも同じこと思ってる人いませんか〜?
あ、あとついでに「アースノーマット焚くとブリードルーム内のコバエが一斉に交尾しだす説」もおなしゃす!


IMG_7473
なんだかんだで30頭確保。

幼虫の腹の色からもわかるように、
マットからも材からもって感じでした。
産み方もホントノコギリですよね。
(ちなみにこれまた入荷当初は材産みだと言われておりました…自己検証って大事ですね。)

-----------
ちなみにもう1ペア衝動買い購入しておりまして
IMG_6501
55mmの個体。

IMG_6502
内歯がえぐい!

IMG_6505
ニジイロクワガタ並のずんぐりむっくり具合!

IMG_6507
良い顎してます。

IMG_6503
ちなみにこのペアで1000円で売ってもらったんだったっけ…。
店頭のみとはいえ恐ろしい値付けでございますϵ( 'Θ' )϶
-----
採れた幼虫は別系がマット飼育をしていることもあり、
この系統は菌糸中心で育てていこうと思います。

目標は大きく60mm!