▪️メンガタクワガタ(メリーメンガタ)
Homoderus mellyi

IMG_4401

カメルーン
CBF3

♂52mm【2015年6月20日割出し→2015年12月23日羽化】
♀28mm【2015年6月20日割出し→2015年10月27日羽化】
♀28mm【2015年5月17日割出し→2015年10月27日羽化】

ギネスサイズ:
野外58.5mm
飼育53.6mm

▪️2015年2月20日 成虫トリオ入手

KUWATA大宮にて購入。1♂2♀で3000円。 
最後に飼育したのが2005年なのでコチラも10年以上振りです。
(2003年に初めて飼育した時は「綺麗な夜空に」さんからプレ企画で頂いたんだよなぁ。人にして頂いたこと、忘れない。コレ大事。)

IMG_4395
メンガタクワガタといえば、ご存知アフリカの色虫です。

IMG_4394
可愛い、肌色、2.5頭身、麻呂眉。
非常に愛くるしい見た目をしてます。

IMG_4408
個人的にトサカホソアカと並ぶアリンコ具合ツートップですが、
どちらかというとコチラが元祖アリンコクワガタですね。

IMG_4396
特徴的な庇(ヒサシ)のような頭。

IMG_4409
自動車の衝突試験後の様なひしゃげた頭をしてます。

IMG_4401
アリンコなのにアリジゴク。
カネゴンにも似てると思うのは私だけ??

IMG_4403
【図形の枠線→太さ→2ポイント】的な大顎。
可愛さに潜む凶悪さ。

IMG_4410
裏返すと少々カマドウマチックです(ー ー;)

IMG_4414
♀。
個人的に♀はちょっとグロテスクかなぁ。

IMG_4413
こんな顔した毛虫が嫌いだったっけ。


メンガタクワガタの特徴として、羽化後に結構寝るんですよね↓
購入した個体達は10月〜12月羽化とのことですので、
過去の経験上半年は寝ると思いますのでブリードは夏前ですね。

▪️2015年6月27日 産卵セット

♂♀共に成虫管理用に床材に混ぜていたティッシュを激しく掻き回し、
やっとこさ活動し始めた様子。

IMG_6045
産卵セットは、まずは底を2〜3センチ固めて中型コンテナに細材を5本。
メンガタは材表面産みですので表面積を稼げる様に、
太材を1〜2本入れるよりかは、細材を大量に入れたほうが効率は良いと思います。 
(私は経験ありませんが、そんなにカチカチにしなくてもマットに普通に産むという方もいらっしゃいます)

IMG_6046
材は完全埋め。
2003〜2005年に飼育していた時は
「メンガタクワガタは乾燥目の材で転がしセット」なんて言われてましたが
普通にノコギリクワガタのセットで、半埋め、完埋めで良いと思います。
少なくとも乾燥目っていうのは違うかなぁ。


2セット作るのが面倒くさくて1♂2♀で同居セット。
羽化時期がズレても休眠期間中にどうとでもなりますので、適度に少数採れてくれれば(⌒-⌒; )

▪️2015年9月7日 割出し

IMG_6643
ケースをひっくり返すと粉を吹いた材達がゴロゴロ。
材裏にいた幼虫はそのまんまゴロン。

IMG_6644
材中に食い込んでる幼虫を追って割り出すのがめんどくさいので途中で終了。
結果は程よく22頭。
(その後10/15に割り残しから10頭を追加) 

幼虫は多少マット飼育で大きくしてから、♂は菌糸に投入予定です。 
目標は親超えの53mm!