2015年の年末に購入したトレスノコギリ。
WF1世代が羽化してきました。

▪️2016年夏〜 WF1世代羽化

IMG_7208
続々と羽化。
IMG_7209
600cc、800cc、1500ccで単独飼育でしたが♂♀でほとんど羽化ズレしないのが、
小型種のいいところですね。

WF1世代ではMAXは38mm。
アベレージは35mm前後。
800ccと1500ccではほとんど羽化サイズに差は見られず。

IMG_7450
こちらは1500ccで5頭複数飼育した個体群。
この個体群の26mmが最小個体でした。

15ペア+α位できたので、手元にブリード分として数ペア+♀単産卵用に3匹。
それ以外は販売へ。

▪️2017年5〜9月 WF2世代羽化

無事にWF1の産卵セットも成功し、30〜40匹のWF2世代を確保。
そのWF2世代も続々と羽化。

fullsizeoutput_472
今期MAXの38.5mm。
36〜37mm位から結構良い感じのプロポーションになりますが、
この個体は湾曲も出てきて中々かっこいいです。
800ccボトル マット飼育での単独飼育。

BE-KUWA飼育レコードが参考記録で42.3mm(菌糸ビン)なので、
サイズ的にはまだまだですね。

fullsizeoutput_473
こちらがWF2世代最小の♂20.5mm。
おそらくミニギネス並のサイズと思います。

fullsizeoutput_474
同種とは思えない比較画像。

fullsizeoutput_475
38.5mm、35.5mm、31mm、28mm、22.5mm、20.5mmのグラデーション。

♀についてはWF1世代は28mm位がMAXだったんですがWF2世代は31mmが出ましたね。
ちなみに♀の最小は20mm。

▪️2017年5月24日 単為生殖確認

せっかくトレスノコギリを飼育するならやってみたいのは単為生殖の観察。
2016年の10月位から、計♀3匹を使用して、
プラケース小で単独産卵セットを組むも幼虫は確認できず。

今回入荷した個体で単為生殖に成功した情報無し。
他のブリーダーさんの「過去に飼育した方も単為生殖しなかった」という話を聞いて、段々と不安に。
よくよく考えるとBE-KUWAでの報告事例はあるものの、
確かなブリーダーさんからの報告事例ってWEB上でも過去からずっと無いんですよね。

IMG_8994

とか疑心暗鬼になってたらやっと出てくれました。
♀単実験をし始めて8カ月位…。

長年飼育を続けていると、
割り出しやハッチで感動することってあまりなくなってくるんですけど
久しぶりにメチャメチャ嬉しかったですね。

この個体は3匹目の♀単セット個体で2016年11月12日に羽化した♀25mmを、
年明けの2017年1月13日から産卵セットしていた♀個体。
4ヶ月目での幼虫確認。

IMG_8996
もう1匹追加で、

IMG_8997
結局2匹のみ。
ひょっとするとキチンとした産卵セットをするよりは狭いボトルの方がいいかもしれません。
時期もあったかもしれませんが♀単で産卵木を入れた本格セットを組むと我が家では寝てしまってダメでした。

「単為生殖する珍しいクワガタです」とか言って
ヤフオクで売ってしまっていただけに自分で実証できて一安心。

▪️番外編 

2015年に38,000円でWILDペアを購入したんですが、
昔からブリードをやっているブリーダーさん達からは
この値段で私が手を出したことに結構ドン引きだったようで結構反響頂きました。
(私がこういうの手を出さないってのもあるんでしょうが)

ただ改めてトレスノコギリの余品販売歴をちょっと振り返ってみると、

-----
2016年3月12日 WF1幼虫4頭:6,250円
2016年10月22日 ♂32.5mmペア(♀B):6,400円
2016年11月23日 ♂26.5mmペア:5,450円
2016年12月3日   ♂33mmペア:5,000円
2016年12月7日   ♂37mmペア:4,300円
2016年12月14日 ♂37mm♀♀トリオ:6,000円
2016年12月19日 ♂35mm♀♀トリオ:5,500円
2016年12月24日 ♂33.5mmペア:4,000円
2016年12月26日 ♂32.5mmペア:4,000円
2017年1月18日 幼虫4頭セット:3,200円
2017年1月22日 幼虫4頭セット:3,200円
2017年1月25日 幼虫4頭セット:3,200円 
2017年4月7日 幼虫4頭セット:3,200円 
2017年8月29日 成虫Sサイズ3ペア:8,800円
2017年8月29日 成虫37mmペア:4,500円

計73,000円 。
なんだかんだで種親購入費用は回収できてるみたいです。
この他にも抱き合わせで販売したり、お友達に飛ばしたりしていますし、
手元にまだまだ残している状態で コレだったらそういう視点でも大成功かもですね〜。

色々なところで言及しているんですけど、
カブクワ飼育において「元を取る」「黒字、赤字」っていう考え方自体に違和感MAXな私。
(「買った時点の満足感で元は取れてるのであって、子供採って云々以降は買い手側の勝手なスケベ根性でしょ」っていうスタンスです。) 
ただ、そういう方達の間でよく言われる、
「1番最初に飛びついた人達だけが売り抜けられる」っていうのは、
あながち間違いでも無いなぁなんて思ったり。

単為生殖の確認もできたところですし、
菌床飼育、40mmオーバーの作出という楽しみも残っているので、
まだまだ「元」が取れそうでございます( ◠‿◠ )