▪️クーランネブトクワガタ
Aegus currani

IMG_8569

フィリピン ルソン島 ケソン州 General Nakal
WILD

♂54mm
♀32mm

ギネスサイズ:
野外73mm
飼育60.9mm
------------------------

▪️2017年3月上旬 成虫ペア入手

むし社さんにてWILD成虫ペアを購入。
IMG_8569
♂54mmペアで5,400円。
てっきり今も2~3万するもんだと思ってましたけど安いんですね。
オークション相場を遡ると私の認識がおかしかっただけで、
今は安価になって定期的に野外品も入荷しているようです。
近年はフィリピンの色々な虫が安価に入るようになって嬉しい限りですね。

IMG_8566
ネブトらしからぬ体型。

IMG_8567
体表についた泥も含めてネブトですね。
ボンドで剥がしたら趣無くなっちゃうよって言うサビクワ的なアレです。

IMG_8570
横から見るとホントにヒラタチック。

フィリピンのケソン産ということで、
ケソンシティにはちょこっとだけ滞在したことがあるんですが、
あんなゴミゴミした都会でクワガタ採れるんかいって思ったら、
ケソンシティとケソン州って全く違うんですね。勉強になりました。



IMG_8571
♀32mm。
「当たり外れが激しい」のはネブトクワガタ全般に言えるんですが、
中でもクーランネブトって野外品激ムズなイメージがあります。
(実際きちんとデータ取ればパラレルスあたりと変わらないのかもしれませんが)

▪️2017年3月26日 産卵セット

どうせ寿命長いしな〜なんて気楽に考えてたら、
既に購入から一ヶ月近く経ってしまったので産卵セット。
IMG_8742
マットはUマットにグランディスネブトに使用したライトマットを混ぜたマットでセット。
坑道を掘っているのがすぐに側面から確認できましたが、あまり期待しないでおきます。

▪️2017年10月上旬 特大飼育品成虫ペア入手
 
IMG_9515
HRNさんの店頭限定品?で飼育品ペアが売っていたので購入。
ケソン産♂63mm、♀37mmペア。

IMG_9517
でかっ! の一言に尽きます。


IMG_9529
余裕で現ギネス(レコード)超えてる件。裏ギネスってやつですね。

IMG_9530
横。ネブトじゃなくて普通にヒラタでしょ、こんなん。

だって、


IMG_9525
このスリーショットより(左からクーランネブト、プラティオドンネブト、グランディスネブト)

IMG_9522
このツーショットの方が10倍しっくりくるもんね。(右:新潟産ヒラタ)

IMG_9519
ゴリッゴリの顎。

IMG_9520
裏。

IMG_9518
よく見るとスーパー大歯。
先日の『BE-KUWA62号〜フィリピンのクワガタ特集〜』でも、
図示された一番大型の個体(68mm位??)がこんな内歯になってましたね。

IMG_9533
伝説の野外ギネスの73mm(奈良オオニュースより)
63mmでクソでかいのに73mmなんてマジで化け物。
ぜひ手に乗せてみたいですね。
大型個体って写真で見るのとホント迫力違いますからね。
(以前この個体を奈良オオに売ったフィリピン人標本商から聞きましたが、現地値もメチャクチャぶっ飛んでました…)

▪️2017年10月10日 同居&産卵セット

IMG_9535

コバエシャッター中サイズにライトLEVEL1。底固詰め。上フンワリ。

ペアリングするの怖かったんで同居。
ネブトでメス殺しを心配することってあんまり無いと思うんですけどね…

全く挟む素ぶりも見せないし、
両手で顎つかんで力測ろうにも全く顎に力入れないんですけど、
IMG_9534
調子乗ってたらガッチリやられました。
普通に力強いし、血でるし、余裕でメス殺せるレベル。

ただ顎振り回して威嚇して挟みに行くって感じでは無いので同居でGO。
もうブログでこの個体の素晴らしさを伝えられた時点でOKなんですハイ。

ちなみにむし社さんで購入したWILDペアは案の定ボウズでした。
(WILDペアの飼育記部分、掲載するか迷いましたが63mmのイレギュラー感を出すために敢えて掲載しました。)


…よくネブト飼育で言われる、

「飼育品は普通に産む」
「飼育品なら余裕」

ところがどっこい産んでほしい奴に限って産まねーんだな、これが。
ホントにね、エアプしてんじゃねーぞと。マジで産んでくださいよと。