▪️アラガールホソアカクワガタ
Cyclommatus alagari

IMG_6025

産地:フィリピン パラワン島 ガントン山
累代:WILD
状態:成虫♂62mm(2.7g)♀26mm(0.7g)ペア
購入価格:7,800円

ギネスサイズ:
野外74mm
飼育65.7mm
------------------------

■2016年6月末 成虫入手

HRNさんにて購入。

IMG_6025
♂62mm。
本種は大型を出すのが難しいことで知られており、
ブリードするなら小型の個体で充分だったのですが、
メチャクチャカッコ良かったのでついつい買ってしまいました。

IMG_6031
何より元気ビンビンで♂の状態が素晴らしい٩( ᐛ )و

アラガール、他のキクロよりシッカリしてて寿命も比較的長いんですが、
それでもキクロマトスは状態次第なところもある種類。
どんな状態の個体が送られてくるかわからない通販だとちょっと怖いので、
店頭でシッカリ見て買えるって幸せなことです。
IMG_6022
タランドスホソアカ等と同様に昔は結構珍品のイメージがあったんですが、
近年大量に入荷し、大型サイズの個体でもお求めやすくなってきました。

IMG_6033
メンガタクワガタを思わせるエグい頭楯。
フィリピンで4種しか生息していない数少ないキクロマトスですが、
その存在感と個性は抜群。

ちなみにキクロキクロというけれど、
海外だとキクロじゃ通じないです。
スァイクロマトゥス。

スァイクロマートゥス。(キクロマトス)
タイタァーヌゥス。(チタヌス)
アゥセス。(アルケス)

どちらかというと日本人の「C」の感覚がおかしいんですね。

すごい脱線するんですけど、フィリピン人標本商に聞いた
「スァイクロマトゥス スモーラィ」ってのがすごい気になってます。
フィリピン産キクロって言ってたけどそんなのいないはずなんですよね。
(「キャメルスってなんじゃー」思ってたらカメラツヤだったりするからそういうガッカリ系かもですが)

IMG_6035
最後にメス画像。いかり肩系キクロ。



■2016年6月27日 産卵セット

IMG_6042
せっかくデカイ♂買ったんですが♀単でのセット。
コバエシャッター中サイズに材2本。
埋め込みマットは微粒子目のカブトマット。

■2016年9月7日 割り出し

IMG_6645

結果は5匹。しかも1♂4♀( ̄  ̄)
色々試したかったのに何もできないじゃーん。
激萎えですがこういう時もあります。生き物相手だもの。

■2017年1月19日 蛹確認

IMG_8300
Uマットを詰めた1500ccボトルに入れておいた♂幼虫。
確認すると蛹になってました。

IMG_8301
そこまで低温でなかったにも関わらず、意外にも大顎は発達してくれてるっぽいです。

■2017年1月23日 羽化確認

IMG_8339
羽化しているのを確認。

IMG_8341
55mmUPはしてますね。
ハサミムシ来ると思っていたので湾曲してくれただけで満足です。
大歯型って言ったら怒られちゃうよね?


■2017年3月5日 撮影

IMG_8482
サイズ計測の結果は55.5mmでした。キリが良い。

IMG_8484
ちょい大きめの中歯型ってところですかね。
1オスしかいないので自己評価も全くできず( ´Д`)y

なまじ親サイズが大きめだった分、親超えもできず。
(こういうのもあるから小さい親から始めるのも満足感的にはありだよなぁ〜)

2005年に登録されたBE-KUWA初代ギネスが54.8mmというのを見ると、
自分は何年前に生きてるんだろうなぁと笑

ちなみに
2代目の2006年が57.2mm、
3代目の2007年が60.0mm、
4代目の2010年が62.2mm。
で現在の65.7mm(2015年〜)に至るという感じで伸びてきてますので、
飼育で大きくならないというのはもう過去の話ですね。
(餌を始め用品が違うし、全体的に現代のブリーダーさんの方がどんな種類でも飼育温度が低い。良いことです。)

IMG_8479
メスも全頭無事に羽化してました。

IMG_8481
結局ブリードはしなかったのですが、
ただサイクル回しただけの飼育記事になってしまったので、
アラガールももう一度挑戦してみたいなぁ。良い虫です。