■タイリクツノボソオオクワガタ
Dorcus yaksha

IMG_7368

産地:ベトナム ライチャウ
累代:WILD
状態:成虫C品ペア ♂35mm ♀32mm(1.2g)

レコードサイズ:
野外60mm
飼育58.3mm
------------------------

■2016年10月30日 成虫入手

KUWATA横浜にてMGMさんのブースにて購入。

IMG_7368

どちらかというと台湾のツノボソオオクワガタの方が有名ですが、
大陸産(ミャンマー、ラオス、ベトナム)の個体は大型になることもあって
マイナー種好きの方以外にも馴染みやすいと思います。

同時に売られていた50mmUPの立派なペアと
どちらを購入しようか非常に悩んだのですが
50mmUPは飼育で出せばいいやということで小型ペア。
お値段4,800円とWILDペアに関わらずイベント価格のお値打ち品でした。

IMG_7366
状態は♂はC品ということで、健康な足は左前足と左中足のみ。
画像さえ撮れればいいやという意識だったんですが、
驚くことにこの状態でも足に結構力があるんですよね。

IMG_7369
♀32mm。1.2g。やや軽めだと思います。

オスもメスもアンタエウスを小さくしたような感じ。
「じゃあ小型のアンテ飼えばいいじゃん」って意見が出そうなもんですが、
ツノボソの大型個体の超ガッチリな感じは、
インドシナ系アンテの大型個体に負けず劣らずカッコいいのでございます。

■2016年11月7日 産卵セット

コバエシャッター中サイズに、
HRNさんのカブトマットとライトLv3のMIX固詰め。材を2本。

IMG_7400

このサイズならメス殺しも無いでしょってことで同居。
C品なので交尾ができるかどうかというのもありますが、
意外にもヒョコヒョコ元気に歩いてるんですよね。

■2017年1月11日 割出し
 
セット後2ヶ月。
結果は4卵のみ。やばいかも。

■2017年5月1日 割出し(2回目)

ケース側面に幼虫が見えたので割出し。結果は4頭。
「産卵に結構難があるよ」とは聞いていましたけどホントにチョロチョロ産み。 
アンテみたいにドカッと産んでもいいのになぁと思うんですけど、
飼育品だったらまた違うのかもしれませんね。
採れた幼虫は自作マットを詰めた800cc〜1500ccへ。

■2017年10月21日 割残し回収

割り出し屑から3頭回収。貴重な3頭でございます。
ブナ1400ccに3頭まとめていれてみました。

■2017年12月〜 羽化 

ブナ菌糸に入れていた幼虫達は全員⭐︎になってしまい。
最終的にマットで飼育していた♂2♀3の5匹のみの羽化でした。

ヒラタケやオオヒラタケでは育たない訳では無いと思いますが、 
食痕や坑道を観察する分に、今回の個体達は上手く吸収できていないように思いました。
食痕は粗めの食痕で、坑道が空気のトンネルとして残ってしまう感じの食い方。
カミジョウを菌糸で飼った時みたいな感じ。
カミジョウもヒラタケで羽化しない訳じゃ無いけどなんかコレジャナイ感が飼っててすごいんですよね。

台湾ツノボソ等で大型出してる人達の間ではカワラ菌糸が主流みたいです。 

IMG_0562
自作マット1500ccで羽化した50mm。
結構カッコよくないですか?

IMG_0564
寄ってみました。
欲を言うとこれで85mmとか行く虫だったら最高なんですけど、
これはこれでこの位のサイズの良さがあると思います。 

IMG_0566
このド短歯具合がたまらないっす。

IMG_0565
横。半端ない仰け反り具合。
新成虫5匹しか触ってないですけどツノボソの脚力かなり強いと思います。

IMG_1216
こっちは♂48mm。
800cc1本での羽化。
計るまで45mm位かなと思ったんですが48mmありました。
50mmの個体とは2mm違うだけなんですがこの2mmメチャクチャ印象変えますね。 
55mmUPしたら相当カッコイイんだろうな〜。

IMG_1219
この個体も足強くてメチャクチャ痛い…。

IMG_1221
♀36mm。

他に1♀管理ミスで死んで(後食開始に気づかなかった)、
もう1♀はオークションで♂50mmとペアでサイズフリーで売ってしまったのですが、
画像も無く、計測もせず。

手元に残した36mmの♀が一番小さかったような記憶があるので、
ひょっとしたら♀レコードの38.9mm超えてたんじゃないかと後になってモヤモヤ。

う〜ん、BE-KUWA 33号でのレコード個体寸評では
ベトナムのサパ産が大型産地として知られているとなっているのですが、
近年ラオスやミャンマーから60mmUPのお化け野外品が入っているとのことなので、
結構どの産地でも大型が狙えるんじゃないかなぁと。

撤退しようかと思いましたが
本家??の台湾ツノボソも入手したので、 
羽化させて比べてみたいかもってことでヤッパリ継続!

カワラ菌糸の匂いと扱いが大嫌いなんですけど 、(詰めた後具合悪くなりません?)
カワラでもやってみるかな。
でも自作マットでも1本孵しに拘らなければ結構イイ線いけそうな気も。
でもレコード個体は普通の菌糸っぽいって言う。

60mmUP、ちょーかっこいーんだろーなぁ。

…う〜ん、やってみたいことが多すぎて後何十年経っても
あーだこーだ言いながらクワガタ飼ってそうだなぁと思う今日この頃。