エリトラに青い紋が出る不思議なニジイロクワガタ。続き。


■2018年5月〜8月 3世代目羽化 

インライン3世代目がほぼ羽化してきましたので紹介。
結論から言うと、今年も無事に100%遺伝しましてホッとしてます(´-`)

現時点で羽化している個体達、全ての個体を紹介していきます。
ページ的にも冗長になるので気に入った個体のみ紹介してもよいのですが、
敢えて全個体を包み隠さずお見せすることで
「青紋の発現は100%でもグレードの高低は個体毎にありますよ」ってこともご理解頂ければ。

前回菌糸瓶飼育で蛹室内にキノコが生えて落ちた個体がいたので、
今回紹介する羽化個体はマット飼育です。♂のサイズはかなり小さめ。

撮影環境はCANON EOS60D+60mmマクロレンズ、フラッシュ無し(一部フラッシュ有りも含む)、
フラッシュ無しの撮影の為、F値は普段のブログ画像(F8〜11)より若干低めです(大体F4~8位)。


①♂45mm【2018年5月下旬羽化】
IMG_1999
真上。

IMG_2000
左側面。

IMG_2002
右側面。 

この血統にしては赤色フロート部が少なく、
上翅側縁部分だけでなく上翅会合部にも青紋が出ている個体。
2世代目の時はあまり気にならなかったですけど、
上翅側縁部分の青紋、個体によっては左右で出方が異なるみたいです。
この個体も左側面は青紋が途中で消えてますが、右側面は上翅末端まで続いてます。

②♂41mm【2018年6月上〜中旬羽化】
IMG_1993
IMG_1994
IMG_1995

青紋部の色の濃さ、個人的にはこの個体位の淡さが好きです。
青紋部が濃すぎるとパッと見で黒っぽく見えてしまうので、
この位の淡さがシンプルに「青」って感じで分かり易いと思います。 

③♂44mm【2018年6月上〜中旬羽化】 
IMG_1988
IMG_1986
IMG_1987
この個体も青紋部分が多く、赤色フロートも小さい個体です。
青紋部分の濃さは濃紺。 

④♂47mm【2018年6月中旬羽化】 
IMG_1981
IMG_1977
IMG_1978
上翅側縁中心で会合部沿いの青紋面積はあまりないものの、
側縁部青紋の濃淡は青みが強くてgood。

⑤♂51mm【2018年6月下〜7月上旬羽化】
IMG_1961
IMG_1965
IMG_1959

かなり強烈に青紋出てるんですが、赤色フロートも強い個体。
なかなか上手くはいかないもんですね。
どっかで見たことあるような個体だなぁと思ったら、親個体にそっくり。

⑥♂41mmB【2018年6月中旬羽化】
IMG_2004
(この個体の撮影だけめんどくさくて外部フラッシュの天井バウンス1枚撮りです)

♂はこの個体だけ不全しちゃいました。
目の位置もズレてるし、足や付節は無いし、
体が固まらないまま羽化してくるわで散々な個体ですが、
記事を書いてる10/15現在、羽化後4ヶ月経過してますがピンピンしてます。


実はA品でも目の位置ズレてる個体って多いんですよね。
写真撮ってると角度ミスったかと思って結構気になる木になる。
大体どのクワガタも顎は左顎が長いのと同様、目は右目の位置が高い個体が多い。
これ、人に話すと「は?」って言われることが多いので大発見だったら嬉しいんですけど、(顎の長さは知ってる人多いけど)
標本メインの観察眼鋭い方達にとっては常識だったりするんでしょうか??
いやマジでみんな今すぐ飼ってるクワガタ見ていってみ?(20代/会社員)

ーーー

続いてメス個体。
オスに比べるとメスは青紋が綺麗に出にくい…気がする。

①♀35mm【2018年5月12日羽化】
IMG_1264
IMG_1265
アエネアの様に上翅に皺が寄ってますが、(この個体は軽い皺な方)
この血統の前の世代でも同様の個体がいましたし、
別の血統(色)のニジイロでも確認していますので遺伝性の「縮れ翅」と思います。

ニジイロに関わらず極太系オオクワやアンテなんかの血統系をやる人はよくわかると思うんですけど、
前胸ディンプル含め、インラインで累代を繰り返すとこういう個体が稀に出ます。

「インラインで累代すると」って書くと、なんとなくダイレクトに「インライン累代=累代障害=悪」っぽくて聞こえが悪いんですけど、
「たまたま発現した【縮れ翅】の遺伝形質が、インライン累代することに因って固定されやすい」
の方がニュアンス的(順序的というか因果関係的というか)には正しいかもしれません。
アエネアの上翅もこういう形質が狭い島の中で固定されたのかもしれないですね。


個人的な経験で言うと「縮れ翅」個体が出てくると、
産まなかったり近いうちに絶えたりであんまり良い印象がありません。
直接の因果関係はわかりませんが、流石にCBF13ですし、こればっかりは仕方ないかな〜。
(私は今のところは縮れ翅=アウトではなく、「縮れ翅が固定される位濃くなってくると他にヤバイとこが出てきて絶えやすいのではないか」位な感じに捉えてます)

見栄えも悪いですし、正直選べるならブリードにはあまり使いたくないんですが、
今年はオス余りで贅沢言ってられないので、自己ブリで使います。

②♀36.5mm【2018年6月5日羽化】
IMG_2008
IMG_2006
IMG_2007
上翅左側のみ青紋が出ている個体。(右にもうっすら出てますが)
翅が閉じない個体が出るのも、(まだぼんやりとって感じですが)この血統の仕様っぽいです。
末端のV字開きではなくて小楯板の時点で隙間があって、
そのまま末端にかけて並行に隙間が走る感じ。
オガクズが挟まってる様な開き方というか、(勿論挟まってない)
大量に飼育していると奇形で小楯板の無い個体出るじゃないですか、あんな感じの開き方。
(♂⑤も同様です)

③♀34.5mm【2018年5月13日羽化】
IMG_1275
IMG_1267
IMG_1271

割と良い個体。画像が羽化後10日後くらいの撮影なので、今はケツ締まってます。

④♀35mm【2018年8月中旬羽化】
IMG_2506
IMG_2507
IMG_2508

⑤♀35mm【2018年8月上旬羽化】
IMG_2512
IMG_2514
IMG_2513

⑥♀35.5mmB【2018年8月上旬羽化】

IMG_2499
IMG_2500
IMG_2501
メスとしてはグレード高めなので下翅出てなければなぁという個体。
ブリードには問題無さそうですが人様に出せる様な状態でないので自己ブリ用ですかね。 

⑦♀34mm【2018年8月10日羽化】 
IMG_2519
IMG_2521
IMG_2520
翅開き個体ですが、青紋の出方は今までのメスでピカイチかも。
種親キープかなぁ。

今のところ、⑤♂と&コチラの⑦♀で組んだら良さげと思っているんですが、

IMG_2849

2本孵しにした個体が全て長歯型蛹で羽化を控えている状態なので、
この♂4匹の中からスンゴイ色が出てきちゃったらと思うと、
今の段階で種オス選んで良いメスを当ててしまうと勿体無いかな、と(╹◡╹)

■2018年9月7日 青紋インライン セット

ということでまずは1ペアだけ産卵セットしました。

IMG_1999
①♂45mmと、

IMG_1264
①♀35mm

の組み合わせ。
8月29日〜9月7日まで800ccボトルで同居ペアリング、(交尾目視済)

IMG_2589
で、中プラケに材2本入れて、カブトマット固詰め。
セット後1週間位で側面に卵確認。
(だけどその見えてる卵、10/15現在まだ孵化してないのよね…低温だからと思いたい…)

■2018年8月23日 クワ友さんの青紋

時系列前後しますが、
クワ友さんが持ってる青紋個体(私の飼育ラインと同血統同親)を見せてもらい、
参考までに撮影させて貰いました。

IMG_2310
♂47.5mm。結構紋多めやんけ。

IMG_2316
♂42mm。(手ブレしてました、ごめんなさい笑)

IMG_2437
♀33mm。
羽化時期ズレちゃったしB品だからということで頂いたんですけど、この後すぐ☆にm(_ _)m

■2018年9月中旬 別ライン青紋入手

なんとな〜くですが、
このままインラインで行くと絶やしそうな予感がして保険として別系ラインを購入。
同一血統で、おそらくですが3〜4世代位前に別れているラインです。F12。
結局同血統なんですが、煮詰まった時って数世代前に枝分かれしたラインと戻すだけでもだいぶ違うんですよね。
IMG_2822
♂58mm。

IMG_2820
IMG_2821
同一血統かどうかなんて聞かなくてもわかるくらいの特徴です( ͡° ͜ʖ ͡°)
我が家のミニミニサイズばっか見てたので久しぶりの長歯青紋、新鮮です笑

IMG_2853
IMG_2854
IMG_2855
♀38mm。

こちらのペアも後日ブリード予定です。

■2018年10月13日 アウトライン1号

青紋♂にグリーン♀を掛けた幼虫がやっと羽化しました。(9/29羽化)

IMG_2977
第一号は♀。
若干青く見えますが、青紋の発現は無し。
というかグリーンと掛けたのに赤みがまだ残ってますね↓

インラインがどちらかというとノーマル色(緑寄りだけど)+青い紋が入るという様な感じなので、
1代グリーンと掛けたところでそこまで緑にはならないのかも。


IMG_2978
ただ裏は結構グリーンとのアウト効果が出てるかも。

1匹だけ見たって仕方ないので
10/11前後に羽化した羽化後2~3日程度の個体も見ることに。

IMG_2982
まだ体が固まってないので弄くり回して撮影はできませんが、
1♂4♀みた限りでは青紋の発現はゼロ。
(青紋個体は羽化後2〜3日で青紋出ますし、まだ体が赤い状態でも青紋の兆候が出ます。)

予想はしていたんですけど、ほんのちょこっとだけ期待していたんですけどね。
販売時にも「多分アウトじゃ青紋出ないと思うよ」としていましたが、
アウトラインの1代目では青紋は発現しないようですね。

ただ前から言っている予想ですが、
ホワイトアイのような潜性遺伝(劣性遺伝)をするならばと仮定すると、
アウト×アウトで25%、アウト×インで50%の確率で出るはずなので、
次世代も実験して数抱えてみようと思います。
これもわかんないんだけど、インラインで遺伝性がある以上、
理論上はアウトにしても世代を跨げば必ず戻せるはず。

で、無事にまた青紋が発現してきた段階で、
再度グリーンとアウトにしてっていう作業を繰り返して、
赤色フロートゼロを目指したいと思います( ͡° ͜ʖ ͡°)

正直、インラインで100%遺伝するのは充分わかったので、
これからの楽しみは特定の要素の純度を高めたり、
掛け合わせで色んなパターンの青紋個体を作ること。

これってインラインで絶えそうな血統に外の血を入れるって意味もあるんですよね。

実は青紋グリーン計画以外にも、第二次青紋グリーン計画、
レッド青紋計画、青紋ピカール計画、と同時進行してます。 
(紫紺青紋もやろうかと思ったんですけど、色合い的に成功しても微妙そうなのでやめときました笑)  


まだまだ数年越しで楽しめそうです٩( 'ω' )و